業務日誌#35

「しのご」が日々の業務で気が付いたことを、脈絡なく気ままに書き連ねています。

「IW」から「iWR」への展開

インターバルウォーキング(インターバル速歩)、通称「IW」。これを千日行として位置づけ1000日間にわたって実施、満行したことはすでにこのBlogにも記載した。始めたばかりの240~250日あたりのころ、体力もついてきたので「歩行+速歩」の組み合わせというより、「(歩行3分+ランニング3分)×6回」のスタイルにステップアップしたのだ。

それからは「(歩行3分+ランニング3分)×6回」で展開してきた。こうなると「インターバルウォーキング(インターバル速歩)」ではなくなってくる。しかしこのころは1000日間続ける千日行達成が目標だったので、続けることが第一だった。

この目標を達成した現在もIWは続けている。でも2回目の千日行であるから、何か新しい名称を考える必要がある。

いろいろ考えた結果、新名称を「iWR(インターバル ウォーキング ラン」と命名することにした。最初の1000日間は「iWR1000」、いま2018年12月末から始めた2回目の千日行展開は「iWR2000」とすればカッコいいではないか(笑)。いくつまで実行できるか分からないが、iWR2000が終了期間を迎えれば神社にお礼参りをして、3回目の千日行は「iWR3000」となる。

実のところ、これにはヒントがある。iPS細胞の開発でノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学山中伸弥教授のエッセイ本を図書館から借りて読んだときだった。記憶が不確かだけど、iPadだったかiPhoneかが流行っている時期だったので「iPS細胞の頭文字のIは、(MACの)マネをして小文字のiにした」と書かれていたのだ。

山中教授でもネーミングのヒントがあればマネをする。ボクが「インターバル ウォーキング ラン」と名づけ、さらに略称を「iWR」と語って何が悪い。始めたばかりの最初の1000日間は「iWR1000」、これが終了した次の1000日間は「iWR2000」、さらに進めば「iWR3000」「iWR4000」「iWR5000」と続く。

いまネットで「インターバルウォーキング(インターバル速歩)」をやってみようというサイトばかり。次へのステップに触れたものはないから、段階が進めば自分で考えるしかない。それが「iWR」なのだ。

IW考案者の信州大学の能勢博教授に拍手されてもいいんだがなぁ~(笑)。

「千日行実践学会」を設立

マンガ家・水木しげるは著書「ゲゲゲのゲーテ」で面白いことを述べていた。ちょっと引用してみよう。

80歳を過ぎてからは、「幸福観察学会」という会員が水木サン1名だけの会を作りました。この会は他人の幸福度を観察するわけだけど、世の中には幸福な人が少ないと思うね。

ここでボクが引っかかったのは、「会員が水木サン1名だけの会を作りました」という部分なのだ。先日インターバルウォーキングを1000日間続ける千日行を達成したので、こちらも会員が自分1人だけの「千日行実践学会」を設立してみたい。

この会の方針はただひとつ、「一つのことを1000日間続けよう」というもの。ボクの場合はインターバルウォーキング(インターバル速歩)を実行し、これを1000日間続けて2018年12月末に達成したが、それもこの展開のひとつだった。実際には休みもあったが、スポーツにおいては休むこともトレーニングの内ということだから実行日にカウントしている。

この間には自分の超整理手帳にはさみ込む1000日間のチェックリフィル「千日行チェックシート」ものまで自作して記録したわけだ。

いま「千日行実践学会」で行っていることは、一般新聞の科学記事をファイルすることと、トップのコラム(ボクの場合は毎日新聞「余録」)の書き写し。一般新聞でも科学記事をスクラップしていくと、かなりの分量となる。これにはモデルがあり、メールマガジンまぐまぐ」の科学メルマガ「ちょっとサイエンス」だった。

もう終了したのだが、発行者は中学校の理科の先生のようで、後期の何年間かは読売新聞の科学記事がベースだった。ちょっとこの手法をマネしてみただけ・・・。科学記事は毎日ないようだが、じっくり読んでいると小さな記事が1~2個あったりする。同時に「余録」も原稿用紙に書き写しているが、こちらはLibreOfficeの原稿用紙テンプレートを使っている。

一応、新聞休刊日は1ヵ月に1回で1年間に12回あるようだ。だから千日行の実行段階ではこの休刊日日数分をプラスすることにした。まだ考えがまとまっていないのは、出張や旅行などがあって自宅を何日間か離れた場合にどうしようかということだ。

このほかにも視力が落ちてきた(老眼の気配も)ので、ヨガ的な目の運動をすること。10分間以内で完了するし、場所はどこでも良い。こちらは現在、中満行の520日を進行中で、こんな細々したものまも展開している。

とまぁ人それぞれに「長期間にわたってやりたいこと」はたくさんあるだろう。それが実行できないのは記録手段が少ないこと。ネットにも長期間にわたる記録用紙のテンプレートはあるけど、記入項目が多すぎるような気がする。

まずは「毎日やったかどうかの記録用紙」だけでもあるといい。会員1人の「千日行実践学会」であれば、なんでも1人で行動できる。たとえ失敗したにしても、誰からも怒られないし笑われもしない。

インターバルウォーキングの実践/千日行の満行、達成!

昨年末のことになるが、2016年4月1日から続けてきたインターバルウォーキング(IW)の千日行(1000日間続けること)を2018年12月27日に満行した。ひとつのトレーニングを1000日間続けるということは、例え簡単そうなことでも社会人にとってはやはり大変なのだ。

ひとりで一つのトレーニングを長く続ける秘訣としては、やはり記録を手書きで書いていくことにあると考える。PCで記録しているとキーのひと押しだけで済んでしまうので、長期間の記録となるとくじけ易い。クラブチームなどのように他のメンバーがいるなら続けられるが、社会人が一人で行動を続けるとなると手書きの記録に軍配が挙がるのではないか。

f:id:sxinogoeo:20190109153656g:plain

IW千日行の記録方法としては、超整理手帳用のリフィルを作成しこれを利用した。さすがに1000日間の記録となるとボロボロになり、セロテープで何度も補強した。このようなチェック表でも、あるとないとでは大違いだ。

もし長く続けるための参考になると思うのなら、本体サイトの「千日行チェックシート」をダウンロードしていただきたい。またインターバルトレーニング(IW)とは何か、これまでステップアップしてきた記録などなどは、このBlogの「運動面」に書いているから参考にして欲しい。

千日行といっても「1000日間やっていないではないか?」という人もいるだろう。このIWでは「週4回実行」という規則があり、またスポーツトレーニングでは「休むこともトレーニングのうち」ともされている。だから3年弱(1000日間)で実行することができたのだ。

一応はチラリと本職である坊さん連中の千日行を調べてみるとみると、雪が深い期間は回峰行も休みとなるらしい。このため千日行を満行するには数年間の期間が必要となるという。街中をIWで走るだけのボクは坊さんでもないし、週4回ではなく5回6回と展開したこともある。また休息できる期間は出張あるいは病気治療(インフルエンザにかかり、このときは120分ルールを適用)に充てられる。

ともかくネットで「インターバルウォーキング」もしくは「インターバル速歩」を検索していただきたい。いまはくさるほどの数の解説サイトや本がある。しかし1年間続けたという記事は非常に少なく、ボクのように1000日間続けたなどという記事は皆無だ。

2回目の千日行を開始

IW千日行を達成したといっても、このBlogに書くまでは少し時間がかかった。以外にもあたり前のように達成できたこともあるが、2回目の千日行をどうするかで考えていたのだ。二千日行とするか、それとも単純に千日行2回目とするか……。

結論としては「千日行2回目」と素直な名称で実行することにした。2回目のIW千日行開始は2018年12月30日。これが達成できたら、表彰されてもおかしくない(笑)。

「少女が誘拐を防いだ方法」を参考にしたい

自分の業務に関連する新聞雑誌の記事となれば、目を通しておくのは当然だ。対象となるメルマガが毎回同じような話題ではつまらないが、まれに参考となるエピソード的な記事も掲載されている。メルマガ「がんばれ建設」の記事に「事件の予防処置」として面白い話題が出ていたので、このような展開はさまざまな面で応用できるかもしれないので紹介しておきたい。

「少女が誘拐を防いだ方法とは」

不審者に連れ去られそうになった11歳少女が、鮮やかなやり方で撃退したことがアメリカで話題となっています。

アリゾナ州ピナル郡の保安官事務所のFacebookによると、事件が起きたのは11月7日の午後3時45分ごろ、サンタンバレーの住宅街でした。少女が友達と自宅の近所を歩いてたところ、SUVに乗った男から声をかけられました。

その男は少女に「君の兄弟が大変な事故に遭ったので、一緒に来てほしい」と告げました。少女が「合言葉は?」と尋ねたところ、男は答えられず、その場を立ち去ったといいます。

マーク・ラム保安官によると、少女の両親が、娘が知らない人から声をかけられたとき、家族の間でしか通じない合言葉を用意していたのだといいます。

ラム保安官は、こうした事前の予防策について「称賛すべきことです」と褒め称えた上で、「ご両親の皆さんには、今回のようにあらかじめ、お子さんと話し合っておくことをお薦めします」と続けています。

(ハフィントンポスト 安藤健二氏の記事を一部参考にしました) 

 実に参考となる話だ。我が家でも子供たちと万が一の場合の合言葉でも決めておかねばと思ったが、子供たちのことだから他の誰かに話すことも考えられる。さらには子供たちは年齢的にスマホや携帯電話などの連絡手段も持っているから、即座に参考となるような話でもない。

しかしながら応用は効く。例えば、このBlogにも記載している「迷惑テレホンセールス」では、こちらの情報は何一つ与えず、聞けるものは聞きだし、言わなければ対応の仕方が悪いと述べている。そして、その一連の流れはここに掲載だ。

そのほかにも考え方一つで、さまざまな応用展開が可能だ。みんなも、それぞれ自分の実情に応じた方法を考えてみてはどうだろう。

インターバルウォーキングの実践/千日行達成まであと約50日間

2016年4月1日から休むことなく続けてきたインターバルウォーキング(IW)が、残り約50日間で千日行(1000日間続けること)の達成となる。IWはたまたまビジネス系のメルマガで紹介されていたのでやってみたが、どうせやるならの1000日続けようとやってきて、ようやく満行が見えてきたのだった。

このブログの運動面に、インターバルウォーキング(IW)を続けてきた経過が書いてある。1年目ごろ、どうせやるなら山伏らと同じように1000日間を目標にやり始め、小満行(333日間)・中満行(333日間)・大満行(333日間)・満行(1日間)と千日行をヒントに計画を立てたわけだ。そしていよいよ残り約50日間で満行達成だ。

最初は歩行と速歩を組み合わせたノーマルなインターバルウォーキング(IW)だったが、5~8カ月目あたりで歩行とランニングにステップアップ。歩行もただ目的もなく歩いていたわけではない。

歩くことを組み合わせることで、ランニングフォームを直すということ。特にラジオで高橋尚子選手だって歩行練習はもちろん、腕ふりの練習もしていたと語っていたのを聞いて基本練習も重点的にやってみる気になったわけだ。

歩行を行うことでランニングシューズの片べりがほぼなくなったので、これは足を真っすぐ前に向けて走れるようになったということだろう。また、1990年代に買った「デイブ・スコットのトライアスロン」のランニングパートも読みなおした。ランニングフォームとして、手の親指は前向きにするということが書いてあった。まさかと思い近所の図書館で各種マラソン選手のトレーニング本で走っている画像だけを見ると、オリンピックなどに出場するような選手は、撮影用だろうけど基本通りの手の握り方をしているのでビックリした。

ただいま、この手の握りや腕ふりなどの練習も取り入れている。こうなるといつも走っている川沿いのランニングコースで見かける他のランナーのフォームはメチャクチャで、ほとんどが自己流の走り方をしているのがハッキリわかる。

さらにはランニングシューズについても考えた。たまたま図書館に「正しくランニングシューズを選びなさい」という本があったので借りてきたら、シューズの選び方や履き方、その調整方法からメンテナンスまでいろいろ書いてあるではないか。ともかくランニングシューズの正しいはき方、シューズと足とをきちんと合わせる方法なども取り入れた。

この1000日間は走り込むというのもあるけど、本来の体力向上のほかフォーム矯正、シューズ関連のマッチングやメンテナンスなど正しく走るための基本練習という要素が非常に大きい。

ともかく計画の9割は達成しているのだが、たまたま読んだゲーテ名言集のなかに「計画は9割を超えてからがむずかしい」なんて言葉を見つけたことがある。インターバルウォーキング(IW)もランニング部分だけステップアップさせ、あとは走り方に関する各種矯正がいまのメインになっていて、なおかつその計画の9割を超えているのだから、何かとつらいのも当然かなと思うわけだ。

迷惑テレホンセールス:リサイクルショップ エコタウン

どうしてこのところの迷惑テレホンセールスは、リサイクルショップばかりなのだろう。実に不思議ではないか? 今回はリサイクルショップ エコタウンだとさ。

 

女性)お使いになっている品物で、ご不要となりました~(セールストークは聞いても仕方ないので聞き流し)

自分)あのね、社名ぐらい最初に言いなよ

女性)あぁ、こちらはリサイクルショップ エコタウンと申しまして、大阪にありまして~(引き続きセールストークが続く)

自分)大阪のどこさ?

女性)住所ですか?

自分)当たり前だろう

女性)大阪市中央区北久宝寺町4-3-5になります。不要になった~(またもやセールストーク

自分)電話番号は?

女性)0120-968-750になります(いつものパターンと違うので警戒し出してきた)

自分)ふ~ん、あんたの名前は?

女性)オオニシ ミカといいますが・・・(警戒態勢になっている)

自分)ふ~ん。ホームページはあるのか?

女性)いま作っている最中でして、必要なのならば~(逃げの体勢)

自分)すべてはホームページをみてからだな。さよなら(そのまま電話を放置)

女性)(※20~30秒ほどしてから、あきらめたようでガチャ)

 

ホームページなどの情報をなにも持ちえないで、よく迷惑テレホンセールスなどできるものだ。この程度で騙されるようでは、話にならないではないか。

迷惑テレホンセールス:便利屋ドットコム

いやはや迷惑テレホンセールスの相手をしていると、こちらの頭がおかしくなる。今度は「便利屋ドットコム」という不要品扱い業者という。

 

女性)不要な品なんかありますか? 例えばいらないもの~(セールストークは聞いても仕方ないので言わせておく)

自分)あのさ~、まずは社名ぐらい言うのが普通じゃないのか

女性)あっ、そうでしたね。便利屋ドットコムといいます(またもやセールストークが続く)

自分)どこにあるの?

女性)こちらには無いのですが、栃木にありまして(グダグダいってからセールストーク

自分)住所を教えてくださいって言ってるの!

女性)栃木県です(しつこくセールストーク

自分)住所を教えてください!

女性)必要がないようでしたら~(逃げに入っているな)

自分)住所を教えてください!

女性)必要がないようなので~(逃げトークか・・・)

自分)それじゃさ、あんたの名前は?(何をいってもムダなのでテーマを変える)

女性)タムラといいます

自分)タムラなんというのさ?

女性)タムラといいます

自分)あのさ名刺を持ったのなら名前を書くだろうに、タムラなんというのさ?

女性)名刺は持っていません。名前は言えません

自分)名前も言えない仕事しているのか・・・、まったく(作戦を変える)。それじゃさ、電話番号は?

女性)0120-983-819です。特に何もないようでしたら(逃げの体勢に入っている)

自分)ところでさ、住所は?

女性)(あきらめに入ったようだ)少々おまちください

自分)(さすがに面倒になった)ブチッ

 

上司かなんかに電話を替わろうとしたのだろう。住所も名前もいえない、実に面倒な迷惑テレホンセールスなのだった。こちらも付き合いきれない。