業務日誌#35

「しのご」が日々の業務で気が付いたことを、脈絡なく気ままに書き連ねています。

簡単にホットウィスキーを作ろうではないか

これまでにウィスキーコーヒー、ウィスキー紅茶、ウィスキーココアなどの簡単な作り方を探し、そして紹介しながら自分でも楽しむ。だんだん冬の到来がみえてきたので、ホットウィスキーにも挑戦してみようと考えた。

バーテンダーなど専門家が扱うのではなく、自分の家でちょびっと楽しみたいといった程度だ。ネットにもあったが、「思い立ったときに作れる手軽さ」が一番いいと思う。

  1. あたたまるお酒 ホットウィスキー
    ・ウィスキー(適量)をグラスにそそぎ、ゆずとハチミツ(両方とも適量)を入れる。
    ・敵呂のお湯で割る。
  2. 冬の定番  ホットウィスキー
    ・グラスにお湯を入れて温め、いったん捨てる。それからウィスキーを入れる。
    メープルシロップを混ぜてからお湯を入れる。
    ・レモンスライスを添える。レモンを浸して飲むと味わいが変わる。
  3. 寒い夜に、ほんのり甘いホットウィスキー
    ・ウィスキーを適量。
    ・マーマレードをスプーン1杯。
    ・お湯を入れる。

とまぁ、こんなところが超手軽な作り方だ。念のためにニッカ、サントリーといったウィスキーメーカーもみてみた。そこには、基本的には同じような作り方だが、もう少し詳しく書いてある。

  • サントリー
    レモンなどの柑橘類と相性がいいらしい。シナモンスチックやグローブ、バジルといったハーブ類、ジャムやドライアップルも良いらしい。ただし、注意としてお湯はゆっくり注ぐことと……。
  • ニッカ
    温めておいたグラスにウィスキーを入れて、お湯で満たす。シンプルだ……。

いろいろ見ていくと、注意ポイントが分かる。グラスが割れないように、あらかじめ温めておくのだが、お湯を入れて温めたら捨てればよろしい。実に簡単な方法だ。そして柑橘類に、何かの甘さを少し加えれば良いようだ。

ホットウィスキーを自宅で楽しむのだから、簡単なほうが良いに決っている(と思う)。