読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

業務日誌#35

「しのご」が日々の業務で気が付いたことを、脈絡なく気ままに書き連ねています。

LibreOfficeとEPUB文書

そんなにEPUBばかりで本を読んでいるわけではないけではない。しかしながら「実務で使えるLibreOffice」という書籍にEPUB文書の作成方法が出ていたので、ちょっとばかり試してみた。

同書で紹介されているLibreOffice拡張機能「Writer2ePub」を導入して実験。これはWriterの文書をEPUB文書にするもので、「こちら」からダウンロードできる。簡単にEPUB文書を作成できるのでぜひ試して欲しい。横書き文書は簡単にできるが、縦書き文書はサイトに記載されているとおり、ちょっと設定が必要だ。

完成した縦書き文書をFirefoxEPUB拡張機能を活用して読んでみると、文字の配列はちょっと乱れているが、ガマンできる。これを電子書籍リーダー(持っているのはこれ)で読んでみると、文字が2~3文字ほど重なっているので読めない。なんか、設定を間違えたかな……。

次に「Calibre」というEPUB変換ソフトを使って作成してみる。そもそも縦書きには対応していないソフトのようなので、横書きのみで読むことになる。悪くない。難点は、章立ての文書からの目次のリンク設定方法が分からない。調べてみると、そもそも目次からのリンクはできないようだ。知っている人がいたら、教えて欲しいもんだ。

一方、LibreOffice拡張機能「Writer2ePub」だと、章立てのように目次のある文書からのリンク(LibreOfficeから設定)がFirefox上なら機能するが、電子書籍リーダーだとうまく機能しない。LibreOfficeのWriterでリンクをかけると、うまく機能しないのだ。

さんざん悩んだあげく、結局はEPUB作成ソフト「Sigil」を使ってひとつひとつ目次からリンクをかけて解決。Firefox上からでも電子書籍リーダー上からでも問題はない。

結論として、EPUB文書作成はLibreOffice上から簡単に作成できるが、他の電子書籍リーダーでもとなると手間がかかるなぁ……。