読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

業務日誌#35

「しのご」が日々の業務で気が付いたことを、脈絡なく気ままに書き連ねています。

LibreOfficeのマニュアルが出版

OpenOffice.orgからLibreOfficeへ移行して、かなりの期間が経過した。そしてようやくLibreOfficeのマニュアル本「実務で使えるLibreOffice」(翔泳社)が出版される。ようやく本格的なマニュアルの登場だけど、ここまでくるのに実に長い期間がかかったものだ……。

f:id:sxinogoeo:20121003103258p:plain


翔泳社によれば「LibreOfficeは、ワープロ(Writer)、表計算(Calc)、プレゼンテーション(Impress)、データベース(Base)、図形描画(Draw)など、ビジネスで必要な機能を揃えた無料オフィスソフトの定番です。本書では、Writerによるドキュメント作成のポイントや電子化、差し込み印刷、Calcによる住所録や請求書の作成、給与計算、データ解析、Impressによるプレゼンテーション作成など、LibreOfficeの主要機能を実務で徹底的に活用する方法を紹介します。また、MS Officeとの互換性や違い、Tipsなども解説。付属CDにはLibreOfficeとサンプルファイルを収録しているので、すぐに使い始められます」とのこと。ページ数480ページらしいので、単なるLibreOffice紹介本とは大きく異なるだろう。2,940円とのことだ。

なお、発売日は10月12日。Amazonやら出版社やらのサイトで、予約を受付中のようだ。