読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

業務日誌#35

「しのご」が日々の業務で気が付いたことを、脈絡なく気ままに書き連ねています。

インターバルウォーキングの実践/5ヵ月目までの成果:追記

昨日、「インターバルウォーキングの実践/5ヵ月目までの成果」の動向を記載した。その日の夜、何気に体重というのはどうなっているのだろうと思ったので、本日になってから体重計を引っ張り出してきた。そして体重を測ってみたら、なんと66Kg!

本年2~3月あたりに測ったときは、体重が72~73Kgあったと記憶している。食べるものは特に変わっていないし、おばちゃん連中のように過激なダイエットをしているわけではない。時にはヘロヘロに酔っ払いもしているし、コーヒーウィスキーだって飲んでいる。それなのに6~7㎏もの体重減少だ。

その間、まじめに取り組んでいたのは、このインターバルウォーキング(IW)だけなのだ。IWだけとはいえ、スポーツトレーニングで体重が減少するなら良い傾向ではないか。

IWを始めてから、いつごろかの記憶はないけど、腹の両サイドにある腹斜筋部分あたりのぜい肉が減ってきたという感触はあった。IW開始初期に大量の汗をかくということは、たぶん体にたまっている余計な水分や脂肪が排出されていたのだろう。腹まわりがスキッとしてきて、ポッコリした腹がなくなるというのはうれしい。

もうひとつは腕の筋肉だ。IWだから腕の筋肉を必要以上に使っているわけではないのだが、腕の筋肉が見え始めてきているから疑問に思っていた。考えるに腕の筋肉が鍛えられたのではなく、腕まわりのぜい肉もなくなってきたのだ。夏のこの時期は半そで姿がほとんどだが、腕のぜい肉ではなく腕の筋肉を他人へ見せられるのなら、これは気持ちが良い。

スポーツドクターではないので、自分が理解できる範囲で考えるなら、体のぜい肉が減少傾向に転じてきているということだ。IWだけで、これほどの効果を生むとは思わなかった。すばらしい!