読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

業務日誌#35

「しのご」が日々の業務で気が付いたことを、脈絡なく気ままに書き連ねています。

アイデアマラソン6000達成!

文化面

アイデアマラソン5001個目のスタートが2015年4月16日、6001個目が2016年3月30日。そして、この2016年3月30日が6000個目のアイデア達成日だ。

イデアの内容はともかく、1000個のアイデアが1年以内に達成できた。4001~5000個が1年ちょっとの期間がかかっていたので、6000個までは1年以内に達成できたことになる。

5001個目からの期間を振り返ってみると、自分で自分を拍手したくなるようなアイデアというより、日常に関連したアイデアが多かった気がする。例えば、子供の習い事関連、仕事や日常で役立ちそうな小物やメモ帳スタイルなどなどで、以前のように雑誌や本などで取り上げられたようなヒット作(?)は皆無……。

エジソンだって、かつて「1000個目のアイデアがダメだということが分かった」などと言っていたらしい。アイデアを出しては失敗の繰り返しで、そのうちのひとつがヒットするのだろう。

同じことは、ソニーの創立者・故盛田昭夫氏もそうらしく、自分が考え出した製品を「○万個作れ」と檄を飛ばしていたらしい。部下は「部品が×万個しか入らない」といって少数しか作らせなかったが、やはり結果は失敗作。彼だってエジソンと同じくアイデアを考えて、まずはやってみたのだろう。

アイデアマラソンも同じこと。何1000個かのアイデアを考えていれば、ひとつぐらいは知られるようになると思う。6000個のアイデアを考えたって、自分の場合なら雑誌や本に取り上げられたのは数個程度。こんなもんだ(泣、笑?)。

そんなもんだけど、考えていることが重要なんだと思う。2005年9月15日にアイデアマラソンをスタートさせたが、こうしたアイデアの記録が日記みたいなもの。東日本大震災被災すれば、一番肝心な食料の調理方法などのアイデアを考えていたから、つまらぬ日記よりはいいのではないかと思う。