読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

業務日誌#35

「しのご」が日々の業務で気が付いたことを、脈絡なく気ままに書き連ねています。

折り紙での手裏剣

文化面

たまたま某イベントがあり幼稚園の子供たちと遊んでいたのだが、その子供たちが折り紙の手裏剣で闘いを挑んできた。そのとき自分の子供たちも大昔、幼稚園のときに折り紙で手裏剣を作ってあげていたので作ろうと思ったら、その折り方をすっかり忘れていた。

その子供たちと再び会うまで時間があるので、いまのうちに手裏剣の作り方を覚えておこう。また、諸般の事情で該当するサイトがなくなったにしても大丈夫なように、複数のサイトを上げておく。その都度検索してもいいのだが・・・。

まぁ、このぐらいリンクしてあれば大丈夫だろう。と思ったら、肝心の折り紙がない・・・。折り紙も買ってこなければならず、幼稚園のチビッコどもを遊んであげるのも大変だ。

こんなことで、わざわざBlogを書くほどでもあるまいと思うことだろう。問題は、このようなチビッコを遊んであげるネタがだんだん少なくなってきているので、何個かネタを持っておいた方がいいと思ったからだ。

例えば、ある大人のイベントでは子供対策(子供があきて保護者から離れないように)のひとつとして、お絵かきセットとして100円ショップでも売っているようなスケッチブックとクレヨン、折り紙と折り紙の本を準備したことがある。

ただ置いておくだけでも子供たちは勝手に遊んでいるが、折り紙は指導者がいないとなかなかヤル気になれないようだ。この作戦(笑)として、あらかじめ手裏剣を作っておけばいい。

ただ折るだけではなく、折ったもので遊べるようなものが良いと思う。みなさんは、どう思う(?)。