読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

業務日誌#35

「しのご」が日々の業務で気が付いたことを、脈絡なく気ままに書き連ねています。

全面5mm方眼のリフィル

「超」整理手帳

ちっとも珍しくはない5mm方眼リフィルで、印刷機で印刷できる範囲を「全面5mm方眼にしたリフィル」。これを読んだ人は「なぁ~んだ、珍しくもなんともない」と思うだろうが、少し工夫している。

方眼スタイルというのは、使い道に応じてさまざまな用途で用いられるから、単純にアオけい線、アカけい線であれば良いというものではない。けい線がクロであっても濃さが80%がいいのか50%がいいのかは、自分が従事している業務の内容によるので一概にはコレとはいえないだろう。

こうしたことはけい線の範囲にもいえ、ある産業の従事者なら全面が方眼スタイルになっていた方がいいかもしれない。実は自分自身悩んだから、だれでも自分の業務スタイルに合わせて編集できるようにしただけなのだ。

f:id:sxinogoeo:20141201133851p:plain

 というわけで、図のように印刷機の印刷可能エリア全面を5mm方眼にしただけで、クロ80%の方眼とクロ50%の方眼だ。

珍しくもなんともないので、ガッカリしている人もいるだろうが、もうひとつ秘密がある。これはLibreOfficeのハイブリッドPDFで作成している。LibreOfficeあるいはApache OpenOfficeで開けば、作成したCalc(表計算ソフト)で開くことが可能で、自分の業務スタイルに応じた形に編集できる。

まぁ、やってみようかなと思った人はダウンロードをどうぞ。自分で作る手間が省けたという程度だけだろうが・・・。