読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

業務日誌#35

「しのご」が日々の業務で気が付いたことを、脈絡なく気ままに書き連ねています。

Calibreへの下書き原稿(続編)-SONY電子書籍向け(?)

文化面

何日か前の業務日誌#35に、「Calibreへの下書き原稿」という記事を書いた。ここで不明となっていたのは、SONY製の電子書籍だと「1行開けの改行部分がなくなってしまう」という問題だった。普通に作成したEPUB文書の1行空きが、PCで見ると普通に1行空きとなっているものの、電子書籍で見ると消滅して詰められてしまうのだ。

いろいろ悩んでいたけど、試しにある方法をやってみたら簡単に解決した。

単純にカラ行となっている行に、ひとつの空白を入れるだけ。スペースキーで空白1文字を改行の前に入力するだけであり、たったこれだけで解決するとは思わなかった。難点は改行が多い文書だと、改行した1行空きの部分に空白文字1個を入力とはいえ、少々時間が必要だということだけだ。

SONY製以外の電子書籍は持っていないので、他も同じかどうなのかは不明だが、ともかくようやく自作したEPUB文書をストレスなく読めるようになってきた。

またいまごろだが、従来のCalibreは目次作成(目次と本文のリンク設定)に難があったけど、LibreOfficeの「目次の作成」で作成した目次もリンクがかかるようになっていた。そのままリンク設定が生きているのだろう。

SONY電子書籍なら普通に読めるけど、PCで読むと少々間延びして見えるか……。福沢諭吉の「学問のすすめ」の現代語版をダウンロードし、作成してみた(元文書はここからダウンロード)。試しにSONY電子書籍で読んでみたい人はどうぞ。

学問のすすめ 現代語訳