業務日誌#35

「しのご」が日々の業務で気が付いたことを、脈絡なく気ままに書き連ねています。

「瞑想」や「座禅」での眠気防止

図書館でふと「18分集中法」という本が目にとまった。新書だったので気軽に読んでいたら「7分間プチ瞑想法」という項目があり、そこには手の組み方として、瞑想法というのに座禅でいう定印(禅定印)が紹介されていた。 この定印なら映像でみたことがある人…

迷惑テレホンセールス:買い取り ゲット

GWで世間が騒がしくなるなか、迷惑テレホンセールスもうるさくて仕方がない。今回は「買い取り ゲット」というらしい。 女性)買い取り ゲットと申しますが、不要となった品物~(しばらくセールストーク) 自分)もう1回、社名は? 女性)買い取り ゲットと言っ…

アイデアマラソン7000達成!

やっと到達したというべきか。アイデアマラソンをスタートさせて、ようやく7000個のアイデア数を達成した。6001個目のスタートが2016年3月30日、そして7000個到達日が2017年4月19日だから、まぁ1000個のアイデアをひねり出すのに1年ちょっとの期間がかかった…

押出しファイリング方式への転向

かなりむかしのことだが、「A4革命・スーパー書類の整理術(山根一真、情報山根組著)」にある角2封筒を使った整理術を読んで感激し、さっそく実行。記事を参考にしながら自分でラベルを作り、このラベルのタイトルを五十音にならべる。使いふるした封筒でも…

「超」整理手帳、ボクの展開

『超』整理手帳や他の手帳展開でも何でもなく、単に他のキーワードであることを検索していた。その検索結果一覧のなかに、なんと「ほぼ日手帳が使えない」などというタイトルを見つけた。過去に「『超』整理手帳に書くことがない(?)、その解決法」という…

インターバルウォーキングの実践/1年間の実行を達成!

インターバルウォーキング(IW)を開始して、1年間の継続実行を達成した。実はこの概要とIWの動向は、「インターバルウォーキングの実践/小満行の達成!」に詳しく書いた。再び似たようなことを記載した理由は、最初は「1年間」という年間カテゴリーの中で…

迷惑テレホンセールス:ディーエムシー

ふざけた迷惑テレホンセールス会社があったもんだ。ハウスクリーニングの「ディーエムシー」とかいう会社だ。まったく迷惑テレホンセールスが湧き出てくる季節どころか、逃げ足も速い。 女性)最近できたディーエムシーというハウスクリーニングの会社で、お…

迷惑テレホンセールス:良品ネット

しばらく静かな期間が続いたが、電話があれば迷惑テレホンセールスだ。またもやリサイクル関連で、迷惑テレホンセールスのくせに「良品ネット」というらしい。 女性)ご主人でしょうか? リサイクルの~不用品など~(しばらくセールストーク) 自分)社名はなん…

「バガヴァッド・ギーター」のもろもろ

ちょっとインドの古典や文学に詳しい人なら、「バガヴァッド・ギーター」の名前ぐらいは聞いたことがあるだろう。驚いたことに、あのスティーブ・ジョブスもバガヴァッド・ギーターのファン(もしくは信仰者?)だったというのだから、少し興味を持った。 バ…

インターバルウォーキングの実践/小満行の達成!

インターバルウォーキング(IW)を開始して、ようやく小満行(333日間)を達成した。IWの動向については過去の記事を読んでいただき、この小満行というカテゴリー別けについてはサイトを参照してほしい。 おおよそ1年間にわたりIWを続けたが、その間にさまざ…

6年以上も前に作ったウメ酒を飲む

部屋の中、それも押入れの中の整理・清掃をしているとき、ふとウメ酒の瓶を見つけた。ウメ酒を作り、保存していたものだが、そのまま忘れて最奥部にしまったままになっていた。このところウメ酒は飲んでいないので、これを引っ張り出して飲んでみようではな…

迷惑テレホンセールス:ベルコ

こちらが忙しいときを狙うように迷惑テレホンセールスがやってくる。今回も頭がいっぱいと時間帯を狙うようにやってきた。 女性)ベルコと申しまして、ご主人でしょうか~(しばらくセールストーク) 自分)あの、社名をもう一度! 女性)ベルコと申します。(しば…

千日行リフィルで毎日の行動チェック

みんなは「千日行」というものを知っているだろうか? 簡単に言えば、真言行者や天台行者、修験者などが1000日間にわたって修行をすることを言う。自分が大学生時代、在家のための千日行を考えた真言宗の坊さんがいて、チャレンジしてみたが800日ちょっとで…

迷惑テレホンセールス:ウェブ

迷惑テレホンセールスは、ほんとに休みがないからうるさい。今度は結婚情報とかの「ウェブ」だそうだ。 女性)結婚相談のウェブといいますが、結婚をお考えの(えんえんとセールストーク)、このような方はいらっしゃいますでしょうか? 自分)ん? 何という会…

「超メモ術」を広めるための参考サイト

「100円ノート超メモ術」は、考案者がそのやり方・使い方の本を出版してからその解説サイトも本の紹介だけとなり、何もかもが分かりにくくなった。いまの公式サイトは本の紹介だけで、方法の解説からインパクトまでに至るまで非常に乏しい。とっかかりとなる…

インターバルウォーキングの実践/9ヵ月目の途中経過

インターバルウォーキング(IW)もしくはインターバル速歩を実施して、いまや9ヵ月目が終わろうとしている。5ヵ月目を過ぎてからの成果は、1年後に書くことになっていた。書籍にもそう書いてあったのだが、あえて書いておきたい。 実のところ、速歩はしてい…

「サンタクロースはいるんだ」の記事を再び

この季節になってくると、海外のサイトはもちろん、海外のDIY関連サイトでも趣向を凝らしたクリスマス飾りの記事が満載だ。いまでも気になるのは、海外での新聞記事で、なかでも1897年にニューヨーク・サン紙に掲載された社説「サンタクロースはいるんだ」。…

迷惑テレホンセールス:リッシュ

少し静かになってきたと思ったけど、年末になり迷惑テレホンセールスが増えてきた。「リッシュ」とかいうリサイクル関連のようだ。 女性)○○といいますけど、古いレコードとかレトロな(セールストーク)、不要なものはありますか? 自分)ちょっと社名がきこえ…

再び「念願は人格を決定す 継続は力なり」に出会う

むかしから「継続は力なり」などといわれてきた。大正から昭和にかけて活躍した宗教家・住岡夜晃という人の詩にある一文だ。 ネット関連のニュースサイトを見ていたら、「OCNのホームページサービス終了」などという見出しを見つけた。この詩の参考にしてい…

ちょっと気になるGIF動画

ネットを見ていて気になった画像(特にポスターなど)などは、さまざまな面で参考になるかと思ってストックしている。参考になるメモやアドレスなどを書き加えているわけではないから、いろいろ探しても二度と見つからないような画像も多い。むしろ、こちら…

えんぴつ(鉛筆)の世界へ踏み込んでみたが・・・

ドリトル先生のメモ展開を調べ、その結果を記載してみた。むかしの話とはいえ、ドリトル先生はメモを書く場合に鉛筆を多用している。このところ、手書きで書く場合でもボールペン、たまにシャープペンを使うことが多く、鉛筆を使うことはほとんどない。 ここ…

哲学カフェがトレンドになる(?)

自分の学生時代は、純喫茶といったような喫茶店がことのほか多かった。しかし時代の流れとともにむかしながらの喫茶店は少なくなり、古風な喫茶店は特色あるスタイルに変えなければいけない。とまぁ、そんな内容のレポート記事を読んだのだった。 そして独自…

簡単にホットウィスキーを作ろうではないか

これまでにウィスキーコーヒー、ウィスキー紅茶、ウィスキーココアなどの簡単な作り方を探し、そして紹介しながら自分でも楽しむ。だんだん冬の到来がみえてきたので、ホットウィスキーにも挑戦してみようと考えた。 バーテンダーなど専門家が扱うのではなく…

超メモ術の過去ノートを読み直す

かなり前から「100円ノート超メモ術」を行っていれば、いろいろな新アイデアも湧いてくる。最近になって思いついたのは、手間も費用も必要なく、たったひとつの努力というか手間だけなのだ。 どんなアイデアかといえば、溜まっている過去の超メモ術ノートを…

紅茶とウィスキー、ココアとウィスキー

夜ふけの部屋で「紅茶にウィスキーを入れてのんびりしたい」「ココアにウィスキーを入れてのんびりしたい」と思うような季節になってきた。それはいいけど、どうやって作るのだろう? クリームを入れたり、そのほかこまごまと手間を加えるのは、それなりの店…

インターバルウォーキングの実践/5ヵ月目までの成果:追記

昨日、「インターバルウォーキングの実践/5ヵ月目までの成果」の動向を記載した。その日の夜、何気に体重というのはどうなっているのだろうと思ったので、本日になってから体重計を引っ張り出してきた。そして体重を測ってみたら、なんと66Kg! 本年2~3月…

インターバルウォーキングの実践/5ヵ月目までの成果

インターバルウォーキング(IW)は5ヵ月目までを終え、その5ヵ月目までの報告だ。インターバルウォーキングとはなんぞやという人は、この「インターバルウォーキング」もしくは「インターバル速歩」というワードで検索してみればいい。詳細が分かる。 このと…

足の裏にサロンパスを貼って寝れば体調が良くなる(?)

連日更新というわけでもないが、大して管理をしているわけでもないFacebookに「サロンパスを足の裏に貼って寝ると大体の悩みが解決する」という面白ニュースがあった。どうせネタ作り関連の面白記事だろう、そう思うのも当然だ。でも、「実はサロンパスの守…

ドリトル先生のメモ術、ノート術

年齢を重ねてくると、小さなころにドリトル先生物語を読んだ人でも、もはや興味を失っていることだろう。再び読んでみて、ちょっと気になったことがあった。 それは物語の中に、メモを書く(あるいはノートを書く)といった項目が散見されるのだ。おやおやと…

「超」メモ術ノートの右下切取り部分の制作/その2

長いこと「超メモ術」を実施していれば、ノート右下の切取り部分をきれいに整備しておきたいと思うのは当然だろう。半年ほど前、きれいに切取り線を作成できるように、キリとトンカチを利用してラインを作成する方法を考えたが、制作は面倒だし時間もかかる…